注目キーワード
  1. 広報
  2. PR
  3. 事業継承
  4. 経営
  5. メディア

地方企業が知名度をあげる方法。地元メディア掲載は意外と簡単

「地方での知名度のあげ方は、意外と簡単です」と言ったらどう思われますか?

こちらをご覧になった方は、自社の知名度をあげたい!と思われた方だと思います。

知名度をあげたいですよね?

地方だからこそブランディングが必要です。

しかも、そのやり方は実は簡単かもしれません。

ネットの企業も増え、同業他社の競争がいっそう激しい中、自社をブランディングするために、どのように広報していけばよいのでしょうか?

今回は地方の企業が知名度をあげる方法をお伝えします。

地方の広報戦略

 

 

地方の企業が知名度をあげるのに、まずは広報戦略が必要だと考えます。

広報は大企業のものと思われる方も多いでしょうが、今は地方企業こそ広報を取り入れるべきだと、世の中の考え方がガラッと変わってきています。

なぜなら、地方企業であるがゆえのメリットも多いからです。

  • 地元ニュースは取り上げられやすい
  • 地方記者ほど全国版・東京向けを探している
  • 記者は、地方の独占記事獲得を求めている
  • 記者が転勤の際には、次の記者に引き継いでくれやすい。
  • 東京での人脈も拡大可能になる
  • 都心より、比較的大きな誌面となりやすい

地方での広報戦略について、詳しく解説していきましょう。

地元のメディア掲載は簡単

 

実は、地方のメディアに来てもらうことは、意外と簡単です。

プレスリリースの発信にいくつかコツはありますが、それさえマスターすれば、地方のメディアは取材に来てくれるでしょう。

このメリットを活かさない手はありません。

地方新聞社は、都心の新聞社より来てくれる可能性が高く、また、読売・朝日・日経など大手出版社であっても地方版に掲載してくれることも可能ですから、メディア戦略のひとつとして覚えておきましょう。

もっとも早い記者への取材要請の方法

もしあなたが新商品に関するニュースを記事にしたいと考えたとき、一番早い方法は、最も大きい地方紙の経済部に電話して、取材を申し込むことです。記者がその商品に興味をもってもらえれば、かなり高い確率で取材に来るなどして記事にしてくるでしょう。

記者クラブへ申し込む

記者クラブへ取材を申し込む方法もあります。

県庁や市役所には記者クラブがありますので、プレスリリースを書いたらこちらに持ち込んで投函していきます。誰か記者が在籍していれば、ちょっと勇気を出して名刺・プレスリリースを渡してみましょう。興味を持ってもらえれば取材につながりますし、その方が担当者でなければ担当につないでもらうこともできるでしょう。

プレス一斉配信サービスはNG

ちなみにネット上に、プレスリリース一斉配信サービスがありますが、そちらでの反応はほとんどないといっていいでしょう。

直に電話をして伝えること。

直接会って話をすること。

原始的ではありますが、実際に一番の近道です。

社長自ら広報担当となる

 

社長みずから広報担当となり、地元記者クラブに出入りし親しくすることで、相手は気持ちを動かされます。記者といえども人です。

人は人の情熱で動くもの。

みずから熱く語ることで、自社商品・サービスへの思いは伝わります。

また、記者と個別面談を増やすことで、記事は確実にふえていくでしょう

会社や工場に招待する

ある会社では新商品を開発した折、メディア掲載を狙い「経済記者クラブ」のメンバーを工場見学に招待しました。

そこで「一斉発表」を行った結果、参加した5社それぞれに記事となりました。その企業では、経済新聞社地方支局記者へも直接取材要請をするなど積極的に広報活動をしたことで、記事掲載につながり、そこからさらに地方テレビへの露出がきまりました。

さらに、その地方テレビを見た全国ネットのNHKやフジテレビなどからも取材要請があり、番組に登場したそうです。

地方への社会貢献や社会課題がニュースの素

勘違いしやすいのですが、記者はあなたの企業の商品を記事にするわけではありません。

何を書くのかというと、地方への社会貢献や、社会課題への解決策なのです。

ですから、地方への社会貢献や、社会課題への解決策になる商品ならば、メディアが記事にしやすくなり、掲載率があがるわけです。

自分の思いと重なる活動を考え、社会貢献につなげ、企画し、プレスリリースにその思いを載せると、メディアの取材につながるでしょう。

自社の商品やサービスに、社会貢献が今現在見あたらないとしても、自身でイベントを企画して社会貢献、社会課題につなげることも可能なのです。ですから、自社商品にこだわらずプレスリリースのアイデアを出してみてください。

まずは、小さなメディアに掲載される

まずは小さなメディアへの掲載を目指しましょう。

地元のほんの小さなメディアでOKです。その掲載をみた別のメディアが、企画に興味をもてば、取材依頼がくるのです。

静岡県静岡市清水区のキンカン「こん太」を栽培する農家の広報の増本さん。2019年2月に広報たんアワードというイベントに参加し、みかんの被り物をかぶり、キンカン「こん太」のアピールをしたところ、優勝しました。

その優勝の記事が新聞二社に取り上げられ、その後はしばらくは音沙汰がありませんでした。

ところが一年経った翌年1月から、突然メディアの連鎖が始まります。

一年前の記事を検索で見つけたテレビディレクターから取材依頼が来て、テレビで放映されました。

そのテレビを見た他社からまた依頼が来て取材、またそのテレビを見た他社から依頼がきて取材、とあれよあれよという間に半年の間にテレビ、ラジオ、新聞、雑誌と取材掲載されることになりました。

メディアは連鎖します。どんな小さなメディアでもよいので、掲載されるようにアイデアを練り、プレスリリースを書いて記者にあてて連絡してみましょう。

まとめ

解説してきたように地方のメディアに掲載されることは、都会の企業より簡単です。

ただ、自社製品のアピールだけでは掲載、露出されにくいので、社会貢献や、社会課題に対する解決策に結びつけると記事になりやすくなります。ぜひ試してみてください

最新情報をチェックしよう!
>広報基礎講座

広報基礎講座

全3回集中講座で広報ノウハウを学び 活躍できる広報パーソンを目指しませんか?

CTR IMG