注目キーワード
  1. 広報
  2. PR
  3. 事業継承
  4. 経営
  5. メディア

『広報』とはどのような仕事なのでしょうか?

新製品のニュースリリースをマスコミに向けて配信する、マスコミの取材を受けるなど、マスコミに対して自社製品の宣伝を行う部署と捉えられがちですが、実は社会との関係性を作り上げていくという奥が深い仕事です。

『広報』の役割とは


皆さんはPRという言葉をよく耳にすることがあると思います。「自己PR」や「新製品PR」のようにごく一般的に使われる言葉ですが、『PR』が『パブリック・リレーションズ』の略だということをご存じの方は少ないようです。

『広報』とはもともとアメリカで生まれた『パブリック・リレーションズ(PR)』という考え方の日本語訳です。では、『パブリック・リレーションズ』とはどのような考え方なのでしょうか?

『パブリック・リレーションズ(PR)』とは

パブリック・リレーションズは20世紀初頭にアメリカで生まれた、「組織や企業と、それを取り巻く社会(パブリック)との良い関係(リレーション)を作り出す考え方や行動のあり方」です。企業と社会の間に相互に利益をもたらす考え方がパブリック・リレーションズなのです。

つまり、企業と社会(消費者)のどちらか一方だけ得をするのではなく、お互いにWin-Winの関係を築いていくということがPRということ、ひいては広報の考え方なのです。

広報は自社のファンを増やす仕事

では、企業と消費者がWin-Winの関係になるとはどういうことでしょうか?

私たちは何かを購入するとき、自分の中の基準をもとに商品やサービスを選びます。その基準とは「値段」であったり、「デザイン」であったり、または企業やブランドに対する「信頼」ということでもあるかもしれません。

『最強のPRイノベーターが教える 新しい広報の教科書、(栗田 朋一著・朝日新聞出版)』によると、”メディアを通して自社の情報に触れた消費者に、商品を買うなどの行動を起こしてもらう。その第一歩としてマスコミにいかに取り上げてもらうのかを考えるのが、広報の役割”なのです。

消費者が行動するときの選択肢に自社の製品を入れてもらうこと、消費者に自社の製品やサービスを理解してもらい、ファンになってもらう、そして購入などの行動を起こしてもらうこと、それこそが広報の目的だといえるでしょう。

広報の仕事は大きく分けて二つ!

広報には大きく分けて社内広報、社外広報の二種類があります。

社外広報とは、消費者やマスコミに向けて自社の製品やサービスの情報をアピールしていく業務、社内広報とは社員に向けて自社の情報を周知していく業務です。

社外広報とは?

 

社外広報は「社外に向けて情報を発信し、自社の製品・サービスのファンを増やし売り上げの拡大を目指す」ことが目的です。

実際の業務としてはマスコミに対するニュースリリースの作成・配信や取材時の対応、メディアのチェックやイベントの企画、運営など、自社情報アピールのために、パブリシティ獲得(メディアに掲載されること)を目指していきます。

では、社内広報とはどのような業務を行っているのでしょうか?

社内広報とは?

 

社内広報は、社内外の情報を社員に知ってもらうことを目的としています。

例えば、自社製品のメディア掲載情報や、社内イベントの告知のほか、同業他社の動向や業界の情報を関係者に伝えたり、社内広報の作成をすることが業務です。

社内広報は社員の紹介や自社製品の最新情報などを載せることが多く、部署間の連携の円滑化や、仕事へのモチベーションを高めるために必要な業務です。

 

採用広報、危機管理広報、IR広報

自社の魅力ややりがいを学生に伝える採用広報、会社が事故・災害に巻き込まれたときや、不祥事を起こしてしまった時の対応を行う危機管理広報、投資家に向けた広報であるIRなどがあります。

まとめ

広報は、企業と社会のより良い関係性を作り上げていくことが目的であることをお伝えしました。単にマスコミやメディアに情報を発信するだけにとどまらず、一歩進んで消費者とWin-Winになれる関係を作り上げていく、やりがいの感じられる仕事です。

また、マスコミなどの社外に向けての活動だけではなく、社内に向けての情報発信、学生や就職希望者に自社の情報を伝えていくなど幅広い業務があることも広報の魅力といえますね。

最新情報をチェックしよう!
>広報基礎講座

広報基礎講座

全3回集中講座で広報ノウハウを学び 活躍できる広報パーソンを目指しませんか?

CTR IMG