注目キーワード
  1. 広報
  2. PR
  3. 事業継承
  4. 経営
  5. メディア

プレスリリースを戦略的に発信する方法

プレスリリースの発表を、読み手にどう受け止めてもらいたいか?それはその企業の戦略でもあります。

  • 思ったより、早く発売された!
  • へえ、かなり好調なんだor思ったより低調じゃない?

など、

その言葉を選ぶのが、広報担当者。担当者が選んだ言葉ひとつで、受け止められ方は自在に操ることができます。

プレスリリース作成は、言葉をひとつひとつ注意深く組み合わせて文章に組み立てていくもの。

「〇〇を伝えたい!」という強い意図を持ち、消費者や記者に訴えるためには、戦略的に言葉を選んで表現することが必要です。

今回は、自社の意図を記者の心に訴えかける『戦略的な表現方法』をお伝えします。

言葉の表現方法を工夫する。

広報担当者は、 読む人の心理を読み受け止められ方を推察して、細かい表現をすることで、自社の見られたい姿を言語化しなければなりません。日本語には多種多様な言葉や表現があります。

この項では、特に「時期」や「価格」「数字」「比較」など、自社として見られたい状態に近い、適切な言葉を選んで表現していく例をご紹介します。

時期

今現在春先の設定で、「10月1日に新商品の発売開始」と発表の予定とします。

ここで自社として、戦略を練ります。

消費者に実際の10月1日よりも、早い発売だと感じてほしいのか、もしくは遅く感じてほしいのか、どんなニュアンスで受け取ってもらいたいかを考え、表現を変えるのです。

  • 「秋頃には」……9から10月にはなんとかしたいという意図に。
  • 「年内には」……競合他社との関係から「もう少し先になる」というニュアンスにしたい場合に。消費者は「11月か12月かな」と判断します。

もっと曖昧にする手段もあります。

「下期には」……翌年3月までのスパンが入ることになり、消費者は「おそらく早くて年内かな」と受け止めます。

「早い」ニュアンスで伝えたい場合。

「上期中には」「下期に入らないように」「10月までには」……実際の10月1日よりも早い時期の発売と受け取ってもらえます。

「できれば9月に」……もっと早くなるニュアンスで受け止めますよね。

価格

価格を5万円前後で発売する場合の表現を考えてみます。

「最高5万円の予定」……「もっと低い場合もあり得る」というニュアンス。消費者は48,000円〜49,000円と感じる。

「5万円を切る価格」「4万円台後半」……安さを強調して伝えたい場合。

「5万円程度」……5万円前後。

数量

販売数量100万台を発表する場合、ニュアンスはいくつか考えられます。

「100万台確約」……必ず達成するといった強気な表現。

「100万台を切らない」……強い決意が伺える。

「100万台を目標に」……なんとか確保する気持ちを伝えたい。弱気な気持ちの場合。

「100万台を上回りたい」……100万台を達成すればよいだろう。

「100万台程度を目標に」……達成は困難だと推測される。

「100万台には到達しない」……努力はするが到達は難しいのだろうと推測。

比較表現を工夫する

数字の表現だけでは、なかなか理解しにくいものが多くあります。その場合は比較対象を提示して、具体的にわかりやすく表現します。

例えば、 高さであれば、「スカイツリーと同じくらい」「キリンと同じくらい」

広さであれば、「東京ドームと同じくらい」「世田谷区と同じぐらい」

大きさであれば、「サッカーボールと同じぐらい」など、イメージしやすいもので表現すると、読者もわかりやすくなります。

数字の表現

切り上げ・切り捨て・四捨五入など、数字の表記の仕方は何種類もありますが、経営トップや各部署の意向を確認して数字の表現を出すようにしてください。

  • 売上目標数字……経営トップは数字を大きめに見せたいが、現場では小さめにしたい
  • 人事採用数字……人事部は小さめ、現場は大きめに表現したい

程度を表現する

「程度」と同様の言葉には、「約」「ほぼ」「およそ」「だいたい」「大概」「概ね」などがあり、
使い方によりニュアンスや与える印象が異なります。

日本語のこのような多様な言葉遣いや表現は状況に応じて、一つ一つ適切な言葉を使い分ける心がけを必要とします。

まとめ

広報担当者は、「経営層が消費者にこう思われたい」という意図を汲み取り、言葉を選んでプレスリリースに記載しなければなりません。

そのためには読む人の心理を読んで、受け止められ方を推察する力が必要です。

表現を工夫するにしても、言葉や自社のサービスをどの程度まで表現するかは、
経営層との密なコミュニケーションと、社会における自社の立ち位置を知る客観性が必要です。

様々な言葉の表現方法を身につけ、戦略的にプレスリリースを表現していきましょう。 

最新情報をチェックしよう!
>広報基礎講座

広報基礎講座

全3回集中講座で広報ノウハウを学び 活躍できる広報パーソンを目指しませんか?

CTR IMG