注目キーワード
  1. 広報
  2. PR
  3. 事業継承
  4. 経営
  5. メディア
RESTART広報 セミナー

記者会見の目的と準備について解説

記者会見とは。皆さんご承知のとおり、メディア記者を集めて開催される企業(または個人)の発表の場です。

記者会見を実施するにあたって、広報担当者はどのように準備をしていけばよいのか、記者会見の目的から、開催場所、案内を送るメディアの選定まで詳しく解説していきます。

記者会見の目的は?

まずは企業側の記者会見の目的をおさらいします。
企業側の目的は、自社が望んでいるとおりの記事を記者に書いてもらうこと。

同じ話を伝えても、記者の受け取り方次第で記事は変わります。つまり、いつもこちらが望むとおりの記事になるとはかぎらないわけです。

しっかりと事前の準備を整え、メディアの先にいる顧客に自社の意図に近い形でアピールされるように努めなければなりません。

メディアの先にいるターゲットに伝える

新商品の発表であれば、誰にこの商品のことを伝えたいのかをイメージします。

記者会見ではメディア記者に集まってもらいますが、実際にこの商品のことを知ってほしいのはメディアの先にいる消費者です。その消費者がどんな人で、何が伝わればいいのかを考えなければなりません。

そのターゲットである消費者に向けて何をアピールするのか、そして消費者との間にいる記者に自社情報を望む形で伝えてもらうにはどのように発表したら良いのかを考えていきます。

メディアを選ぶ

消費者のターゲットが決まったら、メディアを選びましょう。

記者会見に参加するのは、ターゲットの消費者ではなくメディアです。ターゲットの消費者が普段目にしていそうなメディアに報道してもらわないと効果が薄れるため、メディア選定は重要なポイントとなります。

キーメッセージを決める

メディアが決まったら、キーメッセージを決めていきましょう。

新商品であれば、そのコンセプトと商品名といったようにです。

ただ、こちらが伝えたくても、肝心の記者に興味を持ってもらえなくては、記者会見にも来てもらえませんので、決めたキーメッセージをどう表現するかもかなり重要です。

記者が出席をしても記事にならない場合もあるため、できるかぎり記者の関心のあるテーマに近づけて、記事にしてもらえるよう表現の仕方も考えましょう

では、次の項からは記者会見の実際の準備について解説していきます。

記者会見の準備

はじめにも書きましたが、記者会見は企業側が多くのマスメディアに対し呼びかけて開催するもので、一度に記者を集めることができるため、効率的に自社情報を開示することができます。

では、記者会見、記者発表の準備について解説していきましょう。

場所を設定する

通常は「記者クラブ」で実施するケースが多い傾向にありますが、自社が主催し、場所や開催日時も選択することも可能です。二つのケース、それぞれのメリットデメリットを見てみます。

記者クラブ開催

記者クラブでの開催の場合、まず記者クラブに申し入れて了承を得ます。

メリットとしては、ほとんどの主要マスコミ(新聞社・通信社・テレビ局)が在籍しているため、主要メディアの担当記者に直接アピールできるのが大きなポイントです。また効率よくターゲットに届けることができます。

デメリットとしては、主催の権利は記者クラブにあるため、企業には実施についての決定権はありません。日時も記者クラブ主導なので、こちらの希望している日程にならないこともあります。また、記者クラブに在籍している記者に限定される側面もあります。ですので、記者クラブに加盟していない雑誌やオンラインメディア、フリージャーナリストは参加できません。

自社開催

自社開催の場合は、記者会見のあらゆる決定権はこちらにあります。

メリットとしては、会場や日時もこちらで決めることができ、また発表したいテーマに合わせて自由にメディアを選ぶこともできます。

デメリットとしては、記者クラブでの開催と違い会場に来てもらわねばならないため、日々忙しい主要メディアが参加してくれるかどうかが不透明なことでしょうか。

メディア選び

記者会見をする場所や日程が決まったら、当日参加案内を出すメディアを選びます。

メディアには読者層にそれぞれ強みがあり、業界・ジャンル、対象読者層、影響力などをトータルにみて判断します。特に自社にとってどのような記事が掲載されるのが、一番望ましいのかを考えましょう。

ターゲットが誰で、そのターゲットに向けて理想的な記事を書いてくれそうなメディアはどこなのか。そこまでイメージをしたら、Q&Aの作成に入りましょう。

Q&A作成

自社にとって理想の記事を掲載してもらうため、記者にどのような情報を提供すればいいのかを逆算し、興味をもってくれるようなコンテンツを考えて、それからQ&Aを作成します。

自社にとって一番良い記事とは?

イメージに近いメディア選定

記者の関心がどこにあるのかを考える

記者が興味を持つコンテンツを考え、材料を揃える。

Q&A作成

まとめ

記者会見の目的と準備について解説してきました。

自社が一番伝えたいことを目の前の記者の興味に合わせて表現し、そしてメディアの向こうにいる消費者にも意識を向けてメッセージを送らなければなりません。

どのように情報を提供すべきなのか、記者会見の目的をあらためて確認し、メディア選びからQ&A作成へと進めましょう。

RESTART広報 セミナー
最新情報をチェックしよう!
>広報基礎講座

広報基礎講座

全3回集中講座で広報ノウハウを学び 活躍できる広報パーソンを目指しませんか?

CTR IMG