注目キーワード
  1. 広報
  2. PR
  3. 事業継承
  4. 経営
  5. メディア
Instagram

Instagramはハッシュタグが鍵。フォロワーを増やす投稿の方法とは

皆さん「インスタ映え」という言葉を聞いたことがあるとおもいます。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のひとつであるInstagramで使われている言葉で、投稿された写真が素敵に見えることを示す言葉で、2017年のユーキャン新語・流行語大賞を受賞しています。

Instagramは2010年にサービスが開始(日本語版は2014年)されたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で、他のSNSとは一風変わった性質があります。運用に乗り出す企業も年々増加しており、広報担当者としては基本を押さえておきたいSNSです。

今回はInstagramについてとハッシュタグの使い方、リーチ数を伸ばす投稿の仕方についてお伝えします。

Instagramの仕組み

 

Instagramはひとことで説明すると、「写真・画像の共有サービス」です。Facebookを運営しているFacebook, incの傘下で、2017年には2,000万人、2019年には3,300万人(全世界では2017年の8億人から2019年には10億人)と大きく会員数を伸ばしており、今最も成長しているSNSだともいわれています。

Instagram会員の特徴

まずはInstagram会員の特徴から見ていきましょう。

  • 男女比率は女性が57%と男性に比べて高い
  • 20代~30代の女性の会員が多い
  • 男性・女性共に10代~30代のアクティブ会員(実際に利用している会員)が多い

10代から30代の若い女性会員が多いと言われていたのですが、最近では40代~50代の層にも使われだしているようです。

Instagramの特徴

 

次に、Instagramの特徴を見てみましょう。

  • 投稿をシェアする機能が無いため、他のSNSと比べて拡散性が低い
  • Facebook、Twitterと連動することができる
  • 検索はハッシュタグで行う
  • 24時間限定で公開される「ストーリーズ」という機能がある

FacebookやTwitterと違い、シェア・リツイートをする機能が無いことが大きな特徴です。Twitterなどではタイムラインに「友達がいいねした投稿」も表示されますが、Instagramでは自分がフォローしている投稿のみが表示されます。そのため拡散性が低く、どちらかというとクローズドされたSNSといえるでしょう。

もともとFacebookの画像共有サービスとして運営されているため、Facebookとの相性は抜群で、Instagramへの投稿を自動的にFacebookへ投稿することも可能です。

検索をハッシュタグ(先頭に半角のシャープをつけた「#文字列」のこと)で行うことも特徴的です。投稿を見てもらうにはハッシュタグの付け方が鍵です。

また、24時間が過ぎると投稿が消えてしまうストーリーズという機能を使用することにより、日常を気軽に投稿できるようになりました。

リーチ数を伸ばす投稿の方法

Instagramはシェアができず拡散性が低いこと、検索はハッシュタグで行うことなどを見ると、ビジネス利用には向かないのではという疑問を持たれると思います。実はInstagramは、年々ビジネス会員が増えているのです。

Instagramをビジネスとして利用するには

Instagramは「自分のほしい情報」を調べるために使用されていて、勝手に他の投稿が流れてこないということが会員にとってのメリットです。そのため、企業がInstagramを利用するには「広告色を消す」ことが重要になります。

お得な情報を発信して購入に結び付けるスタイルとは異なり、「会員にベネフィットのある商品の見せ方をする」「会員の理想の暮らしを見せる」ことで自社のファンを増やしていきます。

一度ファンになり自社をフォローしてもらえば、投稿を見てもらえる確率はぐんと上がります。また、ファンになったくれた会員がFacebookなどのSNSで拡散してくれれば、認知度もあげることにもつながります。

フォロワーを増やすには

 

いくら魅力的な画像を投稿しても、それだけではフォロワーは増えません。これはInstagramに「友達のいいねが表示されない」、「ハッシュタグで検索する」という特徴があるためです。そこで、ハッシュタグのつけかたを工夫することで検索で表示される確率をあげることができます。

  • 自社・投稿に関連するハッシュタグを何個かつける
    → 関連性の薄いハッシュタグが入るとInstagramの仕組みとして人気順が下がるそうです。
  • 「〇〇とつながりたい」「〇〇部」のようなタグを使用する
    →「夜ラーメン部」「スイーツ好きとつながりたい」のように、どのような人に見てもらいたいのかが端的にわかるハッシュタグを使用します。
  • 人気すぎるハッシュタグを狙わない
    →人気のハッシュタグは競争が激しく表示順の上位を狙うことは難しいようです。

フォロワーを増やすにはまず、「いいね」をたくさんもらうことを目指しましょう。

Instagramが人気順を付けるしくみは明らかになっていませんが、一定期間投稿の「いいね」の数や、フォロー数などが関係しているといわれています。「いいね」の数が増えれば人気順が上がり、検索の上位に表示されるという良い循環が生まれます。

まとめ

 

Instagram

Instagramの仕組みとフォロワーを増やすハッシュタグの付け方をお伝えしました。Instagramは、今一番伸びているSNSともいえます。他のSNSに比べて投稿方法に工夫が必要なSNSでもありますが、一度ファンになってくれた会員には、企業が発信した情報が確実に届きます。

どのようなハッシュタグを使うか、どのような画像の魅せ方をするのかは自社製品を熟知する広報の手腕を発揮できるところでしょう。ハッシュタグを工夫する以外にも他のSNSで宣伝する、ストーリーズを利用してみるなどできることをどんどん試してみてください。

Instagram
最新情報をチェックしよう!
>広報基礎講座

広報基礎講座

全3回集中講座で広報ノウハウを学び 活躍できる広報パーソンを目指しませんか?

CTR IMG