注目キーワード
  1. 広報
  2. PR
  3. 事業継承
  4. 経営
  5. メディア

広報基礎講座

全3回集中講座で広報ノウハウを学び
活躍できる広報パーソンを目指しませんか?

 

  • 広報に興味がある
  • 広報に力を入れたいがノウハウが分からない
  • もっと会社のことや自慢のサービスのことをたくさんの人に知ってもらいたい!
  • スキルアップの一環として学びたい
  • 会社の広報担当になったのだけど、何から始めてよいのやら。

と考えている方。

広報オンライン講座では、プレスリリース(新商品・新サービスの情報をマスコミに通知する文書)作成を軸に、広報についての基礎知識や広告との違い、今後に生かしていただけるためのワークショップを含めた実践的な連続講座になっています。
8名限定の丁寧な講座となっています。

地方の中小企業にこそ、広報が必要!

自社の魅力を改めて見直し、プレスリリースを上手に活用することでメディアを味方につけましょう!

なぜ、いま広報なのか?

広報とは「PR(パブリックリレーションズ)」であり、
消費者を含む「パブリック」に自社を好きになってもらうための活動。

個人でも発信力が強まり、以前より広告が機能しづらくなっている現代、より広報という仕事に脚光が浴びています。

広報は会社の中に埋もれている(または知られていない)情報を社会的価値がある情報に変えてサービスや経営者、企業そのものまたはご自身のブランディングをお金をかけずにメディアを通じて行います。

メディアへ露出させていく過程の広報ノウハウ、広報視点を手に入れることで
自社の魅力をブラッシュアップする機会になったり(≒ブランディング)、
新規事業や起業などの際にお役に立つことも多々。またうまく活用すれば個人の発信力にも繋がります。
大手企業のように経済力がない地方企業や中小企業だからこそ広報が必要なのです。

しかし、広報専任者を置いている企業は中小企業ほど多くありません。もし広報ポジションがあったとしても、
中小ベンチャー企業では1名体制で行なっているところがほとんどでしょう。なかなか仕事のイメージがつきづらい仕事だと思います。
そのためDラボでは、広報基礎講座を開催いたします。

講座の特徴

特徴1 現役広報がリアルな現場から今の広報ノウハウを伝える

東京の人材サービス会社で働く、広報歴8年の現役広報パーソン。未上場中小企業でも、年間350本以上の掲載数を実現。自身も多くのメディアに掲載される。「誰でもできる広報活動」を伝えます。

特徴2 中小ベンチャー・起業/経営者向け

中小ベンチャーの広報のやり方を主に提供。広報視点が経営や新規事業の立ち上げにも活きる要素が多々。

特徴3 全3回の短期集中講座で実践できるようになる

講座が終了後、広報パーソンとして第一歩を踏めるようなに内容を凝縮し、すぐに実践できるようにと必要なポイントに絞った講座内容を用意しています。

身につくスキル

1自社の強みを再確認≒ブランディング

広報に欠かせないスキルはそのサービス、会社が他社と「どう違うのか」を明確に説明できること。
俯瞰的な視点を入れ、自社の強みを再確認できるようになります。

2 メディアが好むプレスリリースへ情報を工夫

プレスリリースはただ書くだけでは意味がありません。
きちんとメディアの方に響くプレスリリースである必要があります。
そのノウハウをスキルとして学びます。

3 広報視点

広報視点を手に入れると、活躍できる広報パーソンになるだけではなく、
もしご自身が新規立ち上げや起業などをする際にメディアに取り上げていただきやすい状態でサービスを作れるようになります。

4 メディア接点の取り方

うまく情報を整理し発信できる準備ができたら実際にどう届けるのか、その手法をレクチャーいたします。影響力あるメディアへ情報発信する方法がわかり、どなたでも接点を取れるようになります。

受講者の声

–広報講座に参加された方々の声–

広報基礎講座
  • 自分のブランディングや見せ方がわかりました。(30代女性)
  • 講師の「広報にもっとも必要なのは会社に想いがあるか。」ということばが響きました。(40代女性)
  • 社内的に広報を受け入れてない部分があったので、これでいいんだという自信ともっとコミュニケーションをとることをやっていきます。(20代女性)
  • まずは経営者に想いを共感(確認)すること。そして自社のサービスを、特徴をもっとブラッシュアップさせる必要があると感じました。(30代男性)

講師紹介

柴田菜々子氏:株式会社ビースタイル 広報

東京で話題!プレジデントファミリー、日経MJの表紙を飾った
『踊る広報』こと柴田菜々子氏を講師に迎えて開催!

静岡出身。主婦に特化した人材サービス業、株式会社ビー・スタイル(本社:東京都)に新卒入社時(2013年度)より広報業務を担当。
それまでの年間メジャー媒体掲載数30本を、入社後僅か4年で年132本に飛躍的にアップさせる。多くの優良企業が目標とするテレビ東京《カンブリア宮殿》に創設者の代表取締役会長 三原邦彦氏の出演を果たす(2015年12月4日放送)。
また、2015年より仕事とダンスの両立を目指し、仕事週3日、ダンス週4日のパラレルキャリアを実践。そのライフスタイルが注目され、「日経MJ一面」「プレジデントファミリー」等、大手メディアなど20媒体で取り上げられる。

広報パーソンが増えることは、結果的に静岡を盛り上げることにつながると考えています。広報は会社に埋もれていた情報にニュースバリューをつけて外に発信することができます。
つまり、広報が活発になることでより俯瞰的に会社を見ることができたり、会社そのものが活性化されることもあるかもしれません。
全体的な情報の質が上がれば、必然と静岡全体の情報の質もあがるでしょう。

広報は華やかに見えるかもしれませんが実際は非常に地道な仕事。
でもその分やりがいも多く面白いと思うのでぜひこれを機会にチャレンジしてみてください。
ご自身の糧になることは間違いありません。

柴田菜々子氏

第7期 広報基礎講座

日時

全3回短期集中講座、少人数制のオンライン開催

2020年11月18日(水)13時〜17時(講師・柴田菜々子 – 株式会社ビースタイル 広報)
2020年11月25日(水)13時〜17時(講師・柴田菜々子 – 株式会社ビースタイル 広報)
2020年12月2日(水)13時〜17時(講師・柴田菜々子 – 株式会社ビースタイル 広報)
3日間ファシリテーターで柴田弘美 – RESTART広報代表在席

募集人数

定員8名

講座内容

第1回

講師:柴田菜々子(株式会社ビースタイル 広報)ファシリテーター柴田弘美(広報biz代表)

《自社の強みを再確認≒ブランディング》

広報に欠かせないスキルはそのサービス、会社が他社とどう違うのかを明確に説明できること。
俯瞰的な視点をいれ、自社の強み再確認できるようになります。
広告と広報に違い、広報の効果とは。
※事前に宿題あり

第2回

講師:柴田菜々子(株式会社ビースタイル 広報)ファシリテーター柴田弘美(広報biz代表)

《メディアが好むプレスリリースへ情報を工夫》

きちんとメディアの方に響くプレスリリースのノウハウをスキルとして学びます。

《広報視点を手に入れる》

ご自身が新規立ち上げや起業などをする際にメディアに取り上げていただきやすい状態でサービスを作れるようになります。

《メディア接点の取り方》

うまく情報を整理し発信できる準備ができたら実際にどう届けるのか、その手法をレクチャーいたします。
影響力あるメディアへ情報発信する方法がわかり、どなたでも接点を取れるようになります。

第3回

講師:柴田菜々子(株式会社ビースタイル 広報)柴田弘美(広報biz代表)

《プレスリリース作成から仕上げへ》

実際にリリースを作成し仕上げ、できたリリースを参加者で共有し精査しアドバイスをします。
第3者の視点のフィードバックを受けましょう。

料金

《 オンライン講座 》
全3回通し:20,000円
広報たん会員、及びご紹介価格15,000円

ピンポイント受講1回:8,000円

再受講:5,000円(全3回分。1回のみの受講でも同料金)
学生:15,000円(全3回分。1回のみの受講でも同料金)

開催場所

【オンライン】
当日までにZOOMアドレスを送付いたします。

今後の開催予定

  • 2021年(水曜コース)2月3日、10日、17日
  • 2021年(木曜コース)5月13日、20日、27日
  • 2021年(木曜コース)9月2日、9日、16日
  • 2021年(木曜コース)11月25日、12月2日、9日

時間は全て 13:00〜16:00 オンライン講座
※都合によりスケジュールが変わる可能性もあります。

料金 20,000円(申し込み後、振込先等連絡し入金確定で申込とします)

▼過去の対面講座のチラシになります。
(コロナで対面からオンライン化に。講師の交通費、場所代などの経費が削減されました。しかし中身の濃い講座ですので少人数は変わりません。)

>広報基礎講座

広報基礎講座

全3回集中講座で広報ノウハウを学び 活躍できる広報パーソンを目指しませんか?

CTR IMG