注目キーワード
  1. 広報
  2. PR
  3. 事業継承
  4. 経営
  5. メディア

広報の必須業務『クリッピング』。その種類と方法とは

広報をしていると出社して最初の仕事がクリッピング、という方もいらっしゃるでしょう。クリッピングとは、新聞や雑誌の記事を切り抜いて保管することです。最近では紙媒体だけではなく、WEBニュースのサイトなどから情報を集めることもクリッピングと呼ばれています。

広報は自社の情報以外に競合他社や業界の分析も行いますね。幅広く情報を得られるクリッピングは広報に必須の業務です。今回はクリッピングの種類と方法についてお伝えします。

クリッピングの種類

 

クリッピングは媒体によっていくつか種類があります。もし紙媒体のクリッピングのみ行っている企業であれば(大分少なくなってきてると思いますが)、他の媒体も導入してみると情報の幅が広がるでしょう。

プレスクリッピング

雑誌、新聞など紙媒体からのクリッピングです。新聞だけでも主要五大紙(朝日新聞・読売新聞・毎日新聞・日本経済新聞・産経新聞)の他、スポーツ紙、地方紙など、数多くの種類があります。

テレビクリッピング

 

地上波、BS、CSから自社に関する放送をクリッピングします。事前に取材や問い合わせが入っている自社情報であれば放送日時がわかりますが、競合他社の情報はいつ放送されるかがわからないことがほとんどです。専門の会社に頼まないときっちりとチェックすることは難しいでしょう。

WEBニュースクリッピング

WEB媒体のニュースをクリッピングします。最近ではWEB媒体のニュースサイトの数は膨大になり、気付かない間に自社情報が掲載されている場合もあります。またニュースのみならずキュレーションサイトのチェックが必要な場合もあります。

ソーシャルクリッピング

 

近年欠かせなくなっているのがTwitter、Instagramなどのソーシャルメディアをクリッピングするソーシャルクリッピングです。リアルな消費者のトレンド・傾向を確認できる以外にも、炎上の兆候をいち早く知ることができます。

クリッピングされた記事を使用する場合の注意

クリッピングされた記事は、社内報や営業活動に使用することが多いと思いますが、その際に注意すべきことあるのをご存じでしょうか?

各種メディアが掲載した記事には著作権があります。そのままコピーしたり、メールに画像を添付して社内で閲覧することは著作権法違反になってしまうのです。

自社情報が掲載された新聞記事を切り抜き(もしくは切り抜かずにそのまま)社内で閲覧することは問題ありませんが、コピー・スキャンして使用する場合は注意してください。もちろん、コピーを営業活動に使用するのも違法行為にあたります。

クリッピングした記事の利用は各メディアに料金設定がありますので、問い合わせをしてから使用すると安心です。

クリッピングの方法

クリッピングを行う方法は主に2種類あります。

  • 自分でクリッピングを行う
  • クリッピングサービスに依頼する

それぞれメリット・デメリットがありますので自社に合う方法を試してみてください。

自分でクリッピングを行う

メリット : ローコストである。

     必要な情報を自分で取捨選択することができる。

デメリット : 紙媒体だと購入したものしかチェックできない。時間がかかる。

自分でクリッピングを行うのは購入した媒体にかかる費用のみだと思われがちですが、ご自身の工数もかかってることに気を付けましょう。ローコストではありますがノーコストではありません。

WEBサイトのクリッピングはツールを使った方が便利です。クリッピングに使える代表的なツールにGoogleアラートがあります。自分の求める情報のキーワードを登録しておけば、そのキーワードに関する情報が登録されたとき、自動的に通知してくれます。

また、Yahoo!リアルタイム検索はTwitterの情報を取得するのに最適です。自社名などのキーワードを検索してみましょう。

クリッピングサービスに依頼する

クリッピングを代行してくれるサービスに登録すれば、自分の時間をクリッピングに割く必要がなくなります。

メリット : 時短になる。

     自分で検索するより多数のニュースサイトを検索してもらえる。

     分析を行ってくれるサービスもある。

デメリット : 導入・運用に費用が発生する。

クリッピングサービスも各社サービスが違います。記事ごとに従量制であるサービスもあれば、安価な定額制のサービスもあります。取得した記事について、自社で問い合わせをしなくても著作権をクリアにしてくれたり、SNSのモニタリングを行いネガポジ判定(好意的かそうでないか)を分析してくれるサービスもあるそうです。

まとめ

クリッピングはPRの効果測定に、営業ツールに、そして社内報の内容としてと使い道が多くあります。ツールの導入やクリッピングサービスの無料体験など、まずはいろいろ試してみて自社に合う方法を見つけましょう。

最新情報をチェックしよう!
>広報基礎講座

広報基礎講座

全3回集中講座で広報ノウハウを学び 活躍できる広報パーソンを目指しませんか?

CTR IMG