注目キーワード
  1. 広報
  2. PR
  3. 事業継承
  4. 経営
  5. メディア

メンバー

メンバー

柴田菜々子
現役広報が「東京 静岡」を繋げ、リアルな現場から実践的な今の広報ノウハウを伝えます!静岡出身。主婦に特化した人材サービス業(株)ビースタイル(本社東京都)に新卒入社時(2013年度)より広報業務を担当。それまでの年間メジャー媒体掲本数30本を入社後僅か4年で年132本に飛躍的にアップさせ、代表念願のカンブリア宮殿の出演をはたす。

石川優治
1999年に不動産会社の代表から2016年には 空き家買取専科の事業を立ち上げ。2013年でのタイ事業は4200万円の 負債となり、現在残債 支払い中。趣味 は瞑想修行。Googleと同時期に瞑想の重要性を感じていた。人より10年分 先に行くので、 気がつくと周りが理解しがたい空気が流れていることも。しかし、着実に時代はなぞってきている。現在は会社は利益追 及でなく「コミュニティの場である」と 悟り、働き方改 革でも先を行っている。(男性育休100%、社員全員 パラレルキャリア 等)

柴田弘美

某メディア会社にて、広告関連業務を経験。
退社後、子育てに専念したく17年間専業主婦に。
2003年・ネットショプで起業し、2年⽬1,000万円を売上げる。
同年静岡SOHOビジネスコンテストで優秀賞。
2008年に起業サポートサロンオフィスを開設。
オリーブbizとして2009年から4年間、静岡県受託の女性起業講座主催し、その後もコンスタンスに
金融機関や行政と連携し講師兼コーディネーターを多数開催。のべ600人近くの支援活動をしてきた。
2014年法政大学大学院に進学し、同年、静岡駅前に開業したコワーキングLINK (オレンジハウス運営)の立ち上げに寄与したメンバーの一人。(この時、RESTART広報のコンサルタントである石川氏とも活動を共にする)また、2016年、法政大学大学院で政策学修士取得。坂本光司ゼミに在籍中「大切にしたい会社」を多数訪問。
2018年4月サードプレイスDラボを開設。
また同時期に「静岡広報たん」を発足。次⼥の菜々⼦⽒の都内での広報活動がメディアに取り上げられていくのを4年間、傍観していたが、
地方では「広報」の意味を知らない層が多いこと。そして、スタートアップに役⽴つことを実感し、長い経験での起業支援が役立つことから広報事業を開始。
地方の企業やスタートアップにこそ広報は必要!との実感を抱き、地方の広報の底上げを図る。
2020年9月よりコンサルティングに特化した「RESTART広報」サイトをOPEN。

>広報基礎講座

広報基礎講座

全3回集中講座で広報ノウハウを学び 活躍できる広報パーソンを目指しませんか?

CTR IMG