注目キーワード
  1. 広報
  2. PR
  3. 事業継承
  4. 経営
  5. メディア
SEARCH

「経営」の検索結果42件

  • 2021年5月27日
  • 2021年5月13日

危機管理広報。平常時にしておくべきこと5選

戦略的危機管理広報では、平時からいざという時に備えるよう対策していきます。 突然の危機が訪れた時、事前の準備なしでは的確に対応できるものではありません。いざという時は、危機に関する情報処理、トップへの連絡やマスコミ対応、報道会見の準備などを同時進行で […]

  • 2021年5月25日
  • 2021年5月13日

読まれない社内広報を読まれるための工夫。紙とWEBどう使い分ける?

社内広報を作るためにあらわれる終わりの見えない業務の数々、そしてやっとできあがったと思ったら、広報誌がゴミ箱に捨てられているのを目撃……広報の担当者からはため息が聞こえてきそうですが、そんな「社内広報」の役割をもう一度確認してみませんか。 今では社会 […]

  • 2021年5月23日
  • 2021年5月13日

個人インタビューのメディアトレーニングのポイント。

メディアトレーニングは二通りあります。 個人に対するインタビューと、一斉発表(記者会見)に向けて行うトレーニングの二通りです。 今回こちらの項目では、個人インタビューに向けたメディアトレーニングのポイントについて解説します。 インタビュー取材に対し、 […]

  • 2021年5月18日
  • 2021年5月13日

危機管理広報、メディアトレーニングを取り入れるメリットとは

緊急事態発生!記者会見が開かれ、あなたは突然メディアの前で発表をしなければならなくなりました。 さあ、どうすればよいのでしょう? 突然会社に襲ってくる緊急事態。突然慣れないメディアの前に立って冷静に話せるものではありません。災害や事件事故など、小さな […]

  • 2021年5月17日
  • 2021年5月13日

広報の仕事は、つらい?広報活動から得られる大きな収穫とは

広報は人と主体的に関わらなければならず、人によってはつらい、大変と思うことがあるかもしれません。 しかし、広報の任務に携わることで、自分自身がブラッシュアップできる大きな可能性もあるのです。今回は、広報職に携わることにより得られる、大きな収穫について […]

  • 2021年5月13日
  • 2021年5月13日

危機収束時。危機管理広報のとるべき行動とは。

突然訪れた自社の危機。 なんとか危機管理広報として立ち回り事態が収束しつつあるとき、広報担当者は、その後の信頼をいかに回復するかに全力を尽くさなければなりません。 世の中の信頼を回復しなければ事態の収束とは言えず、会社の業績の低迷に繋がるからです。時 […]

  • 2021年5月7日
  • 2021年5月13日

メディア取材時の「想定問答集」を戦略的に作成する

取材を受ける場合「想定問答集」はとても重要なものです。 ニュースリリースの配信時や記者会見、インタビューを受ける際などに、回答する人によって異なる意見を発信してしまわないためにも、「想定問答集」は重要な役割を担います。 なぜ「想定問答集」(もしくは「 […]

  • 2021年5月6日
  • 2021年5月13日

メディアからの急なネガティブ取材。危機管理広報が心がけたい対応とは

自社サービスへ好意的な取材ばかりならいいのですが、場合によっては経営内容や事件事故に関する取材の可能性もあります。 ネガティブな案件で取材を受けた場合であっても、編集の権限はすべてメディア側にあります。 今回は、危機管理広報においてネガティブ案件の取 […]

  • 2021年4月30日

メディアトレーニングの準備から流れを解説。

メディアトレーニングとは、カメラや他者目線に慣れることでマスコミへの対応力を高めるトレーニングです。しかしカメラの前に立って話をするのは一朝一夕でできるものではありません。 今回は準備から、プロジェクトチーム作り、実際にトレーニングするまでの流れをお […]

>広報基礎講座

広報基礎講座

全3回集中講座で広報ノウハウを学び 活躍できる広報パーソンを目指しませんか?

CTR IMG